Expand
IASBは、2024年5月9日、IFRS第19号「公的説明責任のない子会社:開示」(以下、「IFRS第19号」という。)を公表しました。
IFRS第19号は、公的説明責任のない子会社が、IFRS会計基準よりも削減された開示要求に従って開示を行うことを認めています。これにより、財務諸表利用者にとっての情報の有用性を維持しつつ、IFRS会計基準を適用する親会社に連結目的で報告を行う子会社の財務諸表作成コストを削減することが可能になります。
企業は、IFRS第19号を2027年1月1日以後開始する報告期間について適用することを選択できます。早期適用も可能であり、その場合はその旨を開示する必要があります
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • IASBが新たなIFRS会計基準書で要件を満たす子会社の財務報告を簡素化(ASBJ
Expand Expand
Resize
Tools
Rcl

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide