Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2014年9月25日、「IFRSの年次改善2012-2014年サイクル」を公表しました。IASBは、年次改善プロセスを通じて、必要ではあるが緊急ではないIFRSの修正を行っています。
今回の年次改善には、2012年から2014年のサイクルの中で挙げられた以下の5つの修正が含まれています。
  • IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業」 - 処分方法の変更
  • IFRS第7号「金融商品:開示」 - サービシング契約
  • IFRS第7号「金融商品:開示」 - 要約期中財務諸表へのIFRS第7号の修正の適用可能性
  • IAS第19号「従業員給付」 - 割引率:地域市場の論点
  • IAS第34号「期中財務報告」 - 「期中財務報告書の他の部分」における情報の開示
これらの修正は、2016年1月1日以降開始する事業年度から適用され、早期適用も認められます。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide