Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計審議会(FASB)(以下、両審議会)は、リース会計に関する再審議を引続き行いました。今週は、貸手の会計処理に焦点を当てて議論しました。両審議会は、公開草案では、結果として妥協の産物である「ハイブリ ッド・アプローチ」が提案された、リース会計の貸手の会計処理について、長い期間、さまざまな異なる見解を持っていました。この提案されたモデルに対して関係者のほとんどが共通して批判していることを受けて、両審議会は、単一の認識中止の貸手の会計 処理モデルの採用を妨害しているこの問題を解決するために、現在まで協議を継続しています。
⇒オリジナルはGlobalサイトへ
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide