Expand
Resize
Add to favorites
IFRS解釈指針委員会(IFRS IC)は、従業員給付債務の測定に使用する割引率について、昨年、数回にわたり議論を行いました。IFRS ICは割引率をどのように決定するのか、および「優良(high-quality)」をどのように定義するのかについてガイダンスを提供するよう要請されていました。
IFRS ICは、割引率に関する新しいガイダンスを開発するプロジェクトは、範囲が広すぎて、IFRS ICでは効率的な方法で対処することはできないとの結論に至りました。この論点は、国際会計基準審議会(IASB)による割引率に関する通常の調査プロジェクトの一環として取り組まれるべきでしょう。しかしながらIFRS ICによるアジェンダ決定には、いくつかの有用な所見が含まれていました。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide