Expand
Resize
Add to favorites
過去に公表された財務諸表の修正再表示は、企業にとって困難を伴う場合があります。このDatalineは、企業がこのような状況に対処する際の助けとなるよう、過去に公表された財務諸表の誤謬を評価するための会計フレームワークの概要を説明しています。
米国証券取引委員会(SEC)にファイリングされた米国会計基準(US GAAP)準拠の財務諸表における誤謬は、アイアン・カーテン法とロールオーバー法の双方のメソッドを用いて評価されなければなりません。財務諸表がSEC にファイリングされない多くの企業(または自国の会計基準に従って作成した財務諸表をSECにファイリングしている企業)も、これら双方のメソッドを用いて誤謬を評価します。誤謬の評価にこれら二つの方法を用いることは、一般に「デュアル法(dual method)」と呼ばれています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide