Expand
Resize
Add to favorites
SECおよびPCAOBの動向に関する2013年AICPA全国会議が、12月9日、10日、11日に開催されました。当会議では、とりわけ規制当局、基準設定団体、監査人、財務諸表利用者および財務諸表作成者の代表による発表が行われました。
SECスタッフは、ファイリング・レビューにおいてSECスタッフからのコメントが多かった領域および相談事項の傾向を含めて、規制および財務報告に関連する問題のアップデートを行いました。当会議全体通じて強調されたテーマは、「品質」と「透明性」でした。品質に関するトピックとしては、財務報告および監査がありました。また透明性については、規制の実務、監査および開示との関連で議論されました。これらのテーマについては、規制当局や基準設定主体がさまざまな形で言及し、財務報告プロセスに関わる人々からも繰り返されました。
SECスタッフは、高品質で簡潔な開示の必要性を強調し、SEC登録企業がファイリングを通じたコミュニケーションを改善させる方法に焦点を当てました。またSECスタッフは、財務報告に係る内部統制(ICFR)が引き続き重要であると述べ、過去10年間の進歩を維持するために今後も手綱を緩めないよう参加者に呼びかけました。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide