Expand
Resize
Add to favorites
注: FASBとIASBは、2014年5月に新収益基準を公表して以来、ガイダンスに対するさまざまな修正を提案してきました。このIn depthの補足資料は、それらの修正案のすべてを反映するようにアップデートされていません。 修正の概要、修正による影響、FASBとIASBが異なるアプローチを採用している領域については、In transition US2015-08「新収益基準-今後予想される変更(修正案の概要)」を参照ください。
2014年5月28日、米国財務会計基準審議会(FASB)と国際会計基準審議会(IASB)は、長い間待たれてきた、収益認識に関するコンバージェンスされた基準を公表しました。
鉱業界の企業は通常、製品の販売に関連して複雑な契約上の取決めを結びます。価格決定および引渡しに関連する複雑性は、新基準によってある程度の影響を受ける可能性があり、これには独立した履行義務の識別や取引価格が重大な戻入れのリスクにさらされる範囲の決定に関する要求事項が含まれます。新基準の要求事項は、収益認識の時期および測定に影響を与える可能性があります。また要求される開示が著しく増加します。
In depth US2014-01では、新収益基準に関する包括的な分析を提供しています。本資料では、鉱業界の企業が新収益基準に移行するにあたり最も重要な課題となりうるいくつかの領域を取り上げています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide