Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)は、2014年8月27日、新しい基準である会計基準アップデートNo.2014-15「継続企業として存続する能力に関する不確実性の開示」を公表しました。この新基準は、経営者に対して、企業の継続企業としての存続能力を評価し、特定の状況下においては関連する注記による開示を提供することを求めています。この新基準が公表される以前の米国会計基準(US GAAP)には、継続企業の前提に関して最低限のガイダンスしかありませんでした。新基準の下では、財務諸表の発行日から1年以内に継続企業としての存続能力に重要な疑義が生じている場合には開示が要求されます。新基準は、すべての企業に対して2016年12月15日より後に終了する事業年度ならびに以降の事業年度および期中報告期間に適用されます。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide