Expand
Resize
Add to favorites
2011年5月に、国際財務報告基準第10号(IFRS第10号)および第12号(IFRS第12号)が公表されました。新たな基準は、財務諸表作成者による適用の開始にあたり、課題や論点を提起しています。IFRS第10号は、国際会計基準第27号(IAS第27号)およびSIC解釈指針第12号(SIC第12号)の主要な原則、すなわち、親会社が支配するすべての事業体を連結するという原則を踏襲しています。しかし、詳細な適用指針の一部が新しくなっており、一部の企業にとっては、親会社の連結範囲に変更をもたらす可能性もあります。要求事項は、これまでの状況から、組成された企業(または「特別目的事業体」)や第三者が管理するファンドに関する連結の判定に対して最も大きな影響を及ぼすことが示唆されています。
本ガイドでは、新基準を適用する過程で最もよく見られる課題のいくつかについて、PwCの見解を提供するものです。また本ガイドは、2013年11月に公表したQ&Aのアップデート版で、それに置き換わるものです。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide