Expand
Resize
Add to favorites
医薬品、バイオテクノロジー、医療機器、およびその他のライフサイエンス企業は、取得、投資または使用許諾を企業結合として会計処理すべきか、もしくは資産の取得として会計処理すべきかについて判定するという、高度な判断を要する複雑な領域をしばしば取り扱います。企業結合の会計処理は資産取得の会計処理と大きく異なるため、この区別が重要になります。国際財務報告基準(IFRS)では、のれん、繰延税金および条件付対価の認識が決定的な違いとなります。
本資料では、この論点について設例も用いて検討しています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
※本資料は3月18日に改訂されており、日本語訳は当該改訂を反映しています。
⇒オリジナルはInternationalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide