Expand
Resize
Add to favorites
2013年5月、米国財務会計基準審議会(FASB)と国際会計基準審議会(IASB)(「両審議会」)はリースに関する再公開草案をそれぞれ公表しました。これらの再公開草案には利害関係者から多くのコメントが寄せられ、両審議会による再公開草案の主要要素の再検討が促進されました。これらの再公開草案には一部変更が加えられ、FASBとIASBのコンバージェンスの可能性は低いように思われるものの、大部分のリースを貸借対照表上で認識させるという主要な目的は達せられています。
再審議が終わりに近づいていますが、FASBは、リースの種類を現行のリース基準と類似した方法で2つのモデルに分類し、損益計算書上の会計処理を行う方法を維持しています。一方、IASBは、借手に対してすべてのリースをファイナンスとして反映することを要求する決定を行いました。過去2年の間に、当初の公開草案に対して、分類、測定、および開示に関連するその他の変更も加えられています。
PwCでは、2015年末までにFASBとIASBから最終基準が公表されると見込んでいます。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide