Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2020年8月27日、銀行間金利(IBOR)及び他の金利指標の継続的な改革への対応を最終化し、IFRS基準の修正のパッケージを公表しました。
本修正は2019年に公表した修正を補完するもので、金利指標改革の結果として古い金利指標を代替的な指標金利に置き換える際の財務諸表への影響に焦点を当てています。
本修正は、以下の点に関連します。
  • 契約上のキャッシュ・フローの変更 - 金利指標改革によって要求される変更について、金融商品の認識の中止や帳簿価額の修正を行う必要はなく、代替的な指標金利への変更を反映するために実効金利を見直す。
  • ヘッジ会計 - ヘッジがヘッジ会計の他の要件を満たしている場合、金利指標改革によって要求される変更を行ったという理由だけでヘッジ会計を中止する必要はない。
  • 開示 ― 金利指標改革から生じた新たなリスク及び代替的な指標金利への移行をどのように管理するのかに関する情報の開示が要求される。
本修正は2021年1月1日以後開始する事業年度に適用され、早期適用が認められます。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • 2020/08/27 IASBがIFRS基準の修正によりIBOR改革への対応を完了(ASBJ
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide