Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2021年9月30日、金融商品の基準書であるIFRS第9号の分類及び測定の要求事項の適用後レビューの一環としてフィードバックの募集を公表しました。
IASBは、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」の置換え及び改善を行うためのプロジェクトの各フェーズ(分類及び測定、減損並びにヘッジ会計)を組み合わせたIFRS第9号「金融商品」の完成版を2014年に公表しました。
IFRS第9号は、企業が金融資産及び金融負債(また、非金融商品項目を売買する一部の契約)をどのように分類し測定することが要求されるのかを定めています。IFRS第9号は2018年から発効しています。
本日公表された情報要請は、IFRS第9号における分類及び測定の要求事項並びに関連する開示についての情報を求めています。当該基準書の減損及びヘッジ会計の要求事項のレビューは、その後に行われます。
IASBは、新しいIFRS基準書又は基準書の大規模な修正についての適用後レビューを、企業が少なくとも2年間適用した後に実施します。これらのレビューは、新しい要求事項が企業、投資者、監査人及び規制当局に与えている影響を評価する機会をIASBに提供します。
これらのレビューからのフィードバックを分析した後に、IASBはさらにアクションを行うかどうかを決定します。こうしたアクションには、教育的資料の提供や、考えられる基準設定のためにより多くのリサーチを行うことが含まれる可能性があります。分析の終了時に、IASBはフィードバックに対する対応を要約し説明します。
アンドレアス・バーコウIASB議長は次のように述べています。
「IFRS第9号の論拠は、より良い情報を投資者に提供するために、金融資産及び負債についての会計処理及び財務報告を拡充することでした。この適用後レビューは、当該基準書の目的が満たされているかどうかを我々が理解する、振り返りのための取り組みです。世界中の利害関係者の皆様にこの評価への参加を呼びかけたいと思います。」
コメント期限は2022年1月28日です。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • IASBがIFRS第9号のレビューについて利害関係者の意見を募集(ASBJ
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide