Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2021年11月26日、サプライヤー・ファイナンス契約およびそれが企業の負債とキャッシュ・フローに与える影響の透明性を高めるための開示要求の変更案を公表しました。
サプライヤー・ファイナンス契約は、多くの場合、サプライチェーン・ファイナンス、買掛金ファイナンス、リバース・ファクタリング契約と呼ばれるものです。
IASBの提案では、企業は自社のサプライヤー・ファイナンス契約が自社の負債およびキャッシュ・フローに与える影響を投資者が評価できるようにする情報を開示することが要求されています。この提案は、IAS第7号「キャッシュ・フロー計算書」およびIFRS第7号「金融商品:開示」を修正するものであり、IFRS解釈指針委員会が2020年に公表したアジェンダ決定を補完するものです。
この修正案は、買手として、サプライヤー・ファイナンス契約(企業または仕入先が、企業の仕入先に対する債務金額についてのファイナンスに利用できる)を締結している企業に影響を与えます。
コメント期限は2022年3月28日です。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • IASBがサプライヤー・ファイナンス契約の透明性を高めるための開示要求を提案(ASBJ
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide