Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2015年6月18日、年金会計に関する公開草案を公表し、パブリックコメントの募集を開始しました。本公開草案は、投資家への情報を改善するものであり、また実務における一部の多様性に取り組むものです。
確定給付制度が報告期間の期中に改訂、縮小または清算される場合、企業はこれらの変更に関連するコストを計算するために、確定給付制度債務および制度資産の公正価値に関する仮定を更新する必要があります。IAS第19号「従業員給付」について提案される修正により、企業は改訂等の変更後の残りの期間における当期勤務費用および利息純額を計算するために、更新された情報を使用することが求められます。
IFRIC第14号「IAS第19号―確定給付資産の上限、最低積立要件及びそれらの相互関係」について提案される修正は、第三者(例えば、制度の受託者)のパワーが、企業の制度の積立超過の返還に対する権利にどのように影響するのかについて取り組むものです。
公開草案「制度改訂、縮小または清算に係る再測定/確定給付制度からの返還の利用可能性(IAS第19号及びIFRIC第14号の修正)」についてのコメント募集期間は2015年10月19日までとなっています。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • ASBJ 2015/06/18 IASBが年金会計について狭い範囲の修正を提案
  • JICPA 2015/06/26 IASBが年金会計の狭い範囲の修正を提案
  • JICPA 2015/10/19 IASB公開草案「制度改訂、縮小又は清算時の再測定/確定給付制度からの返還の利用可能性(IAS第19号及びIFRIC第14号の修正案)」に対する意見について
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide