Expand
Resize
Add to favorites
金融庁は、2016年3月31日、IFRSに基づく連結財務諸表の作成にあたって企業の実務の参考となるものを示す観点から、2009年12月公表の「国際会計基準に基づく連結財務諸表の開示例」を改訂し、「IFRSに基づく連結財務諸表の開示例(以下、「開示例」という。)」として取りまとめ、公表しました。
本開示例のポイントは以下のとおりです。
  • 最新のIFRSに対応
これまでの開示例は、IFRS任意適用開始時点(2010年3月期)の基準に基づくものでしたが、本開示例は、その後のIFRS第9号(金融商品)の改訂など、2016年3月期までのIFRSの改訂を反映しています。
  • IFRSの規定に基づく説明の充実
これまでの開示例は、表形式による開示例と、その根拠となるIFRSの規定を記載していましたが、本開示例は、企業がIFRSに基づく開示を検討する際の理解が深まるよう、表形式による開示例と根拠となるIFRSの規定とを結びつける説明を充実させています。
詳細は金融庁ウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • JICPA 2016/04/05 金融庁が「IFRSに基づく連結財務諸表の開示例」を公表
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide