Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2017年5月18日、IFRS第17号「保険契約」を公表しました。保険契約に関するこのIFRS基準は、投資家等が保険会社のリスク・エクスポージャー、収益性および財政状態をより適切に理解するのに有用となるでしょう。
IFRS第17号は、2004年に暫定的な基準として公表されたIFRS第4号を置き換えることとなります。IFRS第4号は、現地基準を用いて処理されている保険契約の会計処理を継続することを許容しているため、多数の異なる会計処理アプローチを生じています。その結果として、投資家は、類似する企業の財務業績を比較することが困難となっています。
2015年9月に、金融安定理事会(FSB)は、IASBがIFRS第4号を新基準で置き換えるプロジェクトを完了する重要性について指摘しました。
IFRS第17号は、IFRS第4号により生じていた比較可能性の問題を、すべての保険契約を整合的に会計処理することを要求することにより解決するため、投資家と保険会社の両方にとって便益が提供されます。保険負債は、歴史的原価ではなく、現在価値を用いて会計処理されることとなります。この情報は定期的に更新され、財務諸表利用者に対してより有用な情報が提供されることとなります。
IASBのHans Hoogervorst議長は、次のように述べています。
「保険業は、世界経済の中で重要な役割を果たしています。したがって、保険会社の財務業績について市場参加者へ高品質な情報を提供することは極めて重要です。IFRS第17号は、現行の多数の会計処理アプローチを、投資家等へ比較可能で最新の情報を提供する単一のアプローチで置き換えることになります。」
一部の国では、現在、使用されている会計処理の方法の範囲により、新基準を適用するその他の国よりも、重大な変化がみられることになるでしょう。
IFRS第17号は、発効日が2021年1月1日ですが、早期適用が可能とされています。
IASBは、移行リソース・グループ(TRG)の設立を含め、新基準を適用する企業に対するサポートを行う予定であり、現在、TRGのメンバーを募集しています。
IFRS第17号は、設例およびIASBによる結論の根拠の説明と併せて公表されています。
IFRS第17号に関するその他の資料としては、次の資料があります。
  • 影響分析 - 新基準により見込まれるコストおよび便益に関する詳細な概要
  • プロジェクト・サマリー - 保険契約の新基準を開発するプロジェクトの概要
  • フィードバック・ステートメント - プロジェクトの一部として実施したさまざまな協議に対して寄せられたフィードバックの要約
これらの資料はすべてIFRS財団のウェブサイトのIFRS第17号のプロジェクトのページでアクセス可能です。
また、IASBは、本日、IFRS第17号に係るIFRSタクソノミの更新案を、公開協議のために公表しています。コメント期限は、2017年9月18日となっています。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
基準書の原文はInform Internationalサイトをご覧ください。(*有料会員限定)
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide