Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2017年6月7日、IFRIC第23号「法人所得税務処理に関する不確実性」を公表しました。
特定の取引または状況に税法をどのように適用すべきか、または税務当局がある企業の税務処理を受け入れるかどうかが不確実な場合があります。IAS第12号は、当期税金および繰延税金の会計処理方法を規定していますが、不確実性の影響をどのように反映すべきかについては規定がありません。
IFRIC第23号は、IAS第12号の要求事項に追加すべき要求事項として、法人所得税の会計処理において不確実性の影響をどのように反映すべきかを規定しています。
当解釈指針は、2019年1月1日より適用されます。
解釈指針は、正式なIFRSの一部を形成するものであり、IASBの解釈機関であるIFRS解釈指針委員会によって開発されます。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
基準書の原文はInform International サイトをご覧ください。(*有料会員限定)
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide