Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2018年10月31日、「重要性がある」の定義を明確化するために、IAS第1号「財務諸表の表示」及びIAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」における軽微な修正を公表しました。
重要性の定義は、財務諸表に情報を含めるべきかどうかを企業が判断する際に役立つ、IFRSにおける重要な会計上の概念です。
修正にあたっては、IFRS基準における定義と概念フレームワークにおける定義の文言の一致、IAS第1号における既存の補強的な要求事項の一部の定義への取込み、及び「重要性がある」の定義に付属している説明の明瞭性の向上などが検討されました。
IAS第1号第7項及びIAS第8号第5項における「重要性がある」の定義は、以下のように修正されています。
既存基準における定義
本修正における定義
項目の脱漏又は誤表示は、利用者が財務諸表を基礎として行う経済的意思決定に、単独で又は総体として影響を与える場合には、重要性がある。
情報は、それを省略したり、誤表示したり覆い隠したりしたときに、特定の報告企業に関する財務情報を提供する一般目的財務諸表の主要な利用者が当該財務諸表に基づいて行う意思決定に影響を与えると合理的に予想し得る場合には、重要性がある。

IASBは、本修正は既存のガイダンスに基づいているため、これにより重要性の判断が実務で行われる方法や企業の財務諸表に著しい影響を与えるとは予想していません。
本修正は、2020年1月1日以後開始する事業年度において行われる重要性の判断に将来に向かって適用しなければなりません。早期適用は認められます。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
基準書の原文はInform International サイトをご覧ください。(*有料会員限定)
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide