Add to favorites
国際会計基準審議会(IASB)は、企業が、投資者と関連会社または共同支配企業の間の取引の会計処理方法のいくつかの側面を変更しなければならない日付を無期限に延期することを提案しました。これにより、IASBが持分法に関する調査研究プロジェクトを最終化するまで、実務のばらつきが残ることになります。PwCアカウンティング・コンサルティング・サービスのTatiana Geyhmanがこの影響について解説します。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide