Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計審議会(FASB)(以下、両審議会)は、関係者から提起された懸念の多くを認識し、過去6カ月間、リースの公開草案について、リース取引の実態をより適正に表すことになると多くの人々が確信できるように改訂を提案するとともに、基準の実行可能性が改良されるよう対応してきました。しかし、今週、過去の仮決定事項のひとつについて、重要な取消しがなされ、また、別の仮決定事項についても討議されており、これらの分野について公開草案(ED)の内容に逆戻りする可能性があります。これらの仮決定の取消およびこれまでの再審議の全過程は、多くの関係者に、いつ最終的に基準化されるのか(そもそも基準化されるのか)、そして最終基準化された基準内容は、関係者に信頼をもたらすことができるのかという疑問をもたせています。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide