Expand
Resize
Add to favorites
今週(6月13日の週)の合同会議において、米国財務会計基準審議会(FASB)と国際会計基準審議会 (IASB)(「両審議会」)は、両審議会が提案していた金融資産の減損に関する提案モデルの方向性を変更する決定を行いました。この新しいアプローチは、以前の提案モデルに対する関係者のフィードバック に対処したものです。今年初めに提案されていた、負債性投資のポートフォリオを2つのカテゴリー(「グッ ド・ブック」と「バッド・ブック」)に区分するアプローチに代わり、この新しいアプローチは、ポートフォリオを3 つのカテゴリーに区分することになり、これにより、最終的には信用損失を認識するタイミングと認識金額が決定されます。金融資産は、その信用リスクや組成以降の信用度の低下に基づいてそれぞれのカテゴ リーに割り振られます。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide