Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計基準審議会(FASB)は、収益認識プロジェクトのいくつかの追加的な領域について合意に達しました。両審議会は、関係者から提起された懸念を踏まえて、変動対価の制限に関するガイダンス案を再検討し、変動対価から認識される収益の金額を、重大な戻入れとならないであろうと経営者が確信できる金額までに制限することを確認しました。
⇒オリジナルはGlobalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide