Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)は、2014年1月16日に会計基準アップデート(ASU)No.2014-02「のれんの会計処理」、およびASU No.2014-03「特定の変動金利受け・固定金利払いの金利スワップの会計処理-簡素化されたヘッジ会計アプローチ」を公表しました。これらの基準は、非公開企業に対して、(1)のれんの減損モデルを簡素化し、(2)特定の金利スワップに対するヘッジ会計の適用を容易にすることを目的とした代替的な会計処理を提供するものです。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide