Expand
Resize
Add to favorites
事業の取得や処分に際しての条件付対価の取決めは、医薬・ライフサイエンス業界おいて一般的に用いられています。これは、そのような取決めは売手と買手の間で経済的なリスクを共有するとともに、企業の価値を確認する便利な手法となり得るためです。この業界では、取得や処分取引に規制当局の認可が下りていない化合物や機器が含まれることが多く、取引日時点では取得ないし売却されたものの商業的な成功度合いが未知数であるというリスクが性質上高くなります。
本資料では、売手の視点からの条件付対価の会計処理に焦点を当てています。
⇒オリジナルはInternationalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide