Expand
Resize
Add to favorites
ベネズエラは超インフレ経済であり、同国政府は厳しい通貨管理体制を維持しています。多国籍企業は、ベネズエラの子会社から利益を送金する際に著しい困難に直面しています。利用可能な為替レート、所定の為替レートでの送金可能額、および送金のタイミングについて重大な不確実性が存在します。一部には、現在の為替レートの仕組みが変更されるという推測もあります。また、経営者の意思決定におけるパワーを制限する可能性のある政府規制(すなわち、公正価格規制および労働法)も、引き続き高いレベルにあります。
2014年12月、あるSEC登録企業が、SECスタッフに対して事前質疑応答を行い、ベネズエラ事業を連結範囲から除外するという結論、およびそのような事業について米国基準に基づく原価法適用投資としての会計処理を開始する旨を説明しました。一部からは、送金の不確実性や困難が継続する場合、多国籍企業はIFRSに基づきベネズエラ子会社の連結除外を検討する必要があるのではといった疑問が提起されました。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide