Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)は、4月1日、新収益基準の発効日を1年延期し、企業が選択する場合には1年(すなわち当初の発効日で)の早期適用を認めることを提案する採決を行いました。FASBは、さまざまな利害関係者に対するアウトリーチや今後見込まれる新収益基準を修正する公開草案を考慮した結果、新収益基準を有効に適用するための適切な準備期間を与えるため、発効日の延期を行う必要があると判断しました。国際会計基準審議会(IASB)は、本基準の発効日の延期の可能性に関する決定を行う特定のスケジュールを示していません。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide