Expand
Resize
Add to favorites
国際財務報告基準(IFRS)10号「連結財務諸表」の改訂により、多くのファンドや類似の企業は、支配している投資先の連結を免除されます。これは、国際会計基準審議会(IASB)が、2012年10月31日に公表したIFRS第10号、IFRS第12号「他の事業体に対する持分の開示」および国際会計基準(IAS)第27号「個別財務諸表」の改訂によるものです。この改訂は、特にファンドにメリットがあります。ファンドが今回の改訂の対象である場合、支配している投資先を連結するのではなく公正価値で評価することができるようになるためです。
このガイドは、「投資企業」に適用します。IFRS第10号の改訂では、投資企業を定義し、連結に対する例外的な扱いを導入しています。また、IFRS第12号の改訂では、投資企業に要求される開示を定めています。改訂基準は2014年1月1日以降開始する事業年度から適用され、早期適用が認められます。
⇒オリジナルはInternationalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide