Expand
Resize
Add to favorites
2013年3月5日、FASB(米国財務会計基準審議会)は、特定の認識中止事象の発生に伴う累積為替換算調整額(CTA)の損益への振替に関する実務上の多様性に対応するため、会計基準コーディフィケーション(ASC)830「外貨関連事項」およびASC810「連結」を修正する会計基準アップデート(ASU)No.2013-05を公表しました。 本ASUは、ASC830-30におけるCTAの振替に関するガイダンスと、ASC810-10の連結ガイダンスにおける支配の喪失の概念との間の妥協を反映しています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide