Expand
Resize
Add to favorites
国際財務報告基準(IFRS)第7号は、金融機関および金融機関以外の企業に適用されます。そのため、投資ファンド、プライベート・エクイティ・ファンド、不動産ファンドおよび投資マネージャーにも適用されます。要求される開示の範囲は、ファンドが金融商品を利用している程度やリスク・エクスポージャーの程度により左右されます。IFRS第13号は、公正価値を定義し、公正価値に対する単一のフレームワークを示し、公正価値測定に関する開示を要求しています。IFRS第13号には公正価値で測定する非金融資産および非金融負債が含まれているため、IFRS第7号に比べるとIFRS第13号の適用範囲は広くなっています。
本資料では、投資ファンド、プライベート・エクイティ・ファンド、不動産ファンド、および投資マネージャーのために、IFRS第7号およびIFRS第13号の金融商品に関する開示要求の適用に関する多くの質問と回答(Q&A)を提供しています。本資料は、2013年1月1日以後開始する事業年度に適用されるIFRS第7号およびIFRS第13号の開示要求に基づいています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide