Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準(IAS)第32号および国際財務報告基準(IFRS)第7号の相殺に関する修正は、投資ファンドに対して、(i)会計目的で金融商品を相殺する際の見直し、および、(ii)相殺に関連して財務諸表にどのような追加的な開示が要求されるかに関する分析を要求しています。相殺は、会計処理における複雑な領域であり、投資ファンドが締結する実務上および契約上の取決めについての理解が、適切な会計処理の結論に達するためにカギとなります。前回のIn depthは「金融機関における金融商品の相殺」というタイトルで2014年7月に公表しました。今回のIn depthでは、具体的に投資ファンドにおける実務で見受けられる主要な質問に対するPwCの見解を示しています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide