Expand
Resize
Add to favorites
銀行の統制環境において、ガバナンス・プロセスおよびコントロールは必須の要素です。それらは、銀行が国際財務報告基準(IFRS)第9号「金融商品」の予想信用損失(ECL)を適用し、会計方針および新しい減損の要求事項を実務でどのように適用するかについて重要な決定を行う際に、きわめて重要です。強固なガバナンスの重要性は、安定した高品質な適用の必要性を強調するバーゼル銀行監督委員会の市中協議文書によってさらに強化されています。
本資料では、IFRS第9号のECLの会計方針および適用上の決定、ならびに最善の対処法の決定を行う際に実務で見られる重要なガバナンス上の課題の一部を概説しています。本資料では主に銀行に焦点を当てていますが、議論している領域の多くはIFRS第9号のECLを適用する他の金融機関にも関連しています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide