Expand
Resize
Add to favorites
公開企業は、2018年に新しい収益基準を適用しなければなりません。その影響は業種や現行の会計慣行によって異なりますが、新基準はほぼすべての企業にある程度の影響を与えることになります。新しい収益基準は、当初に米国会計基準(US GAAP)および国際財務報告基準(IFRS)の下でコンバージェンスされた基準として公表されましたが、米国財務会計基準審議会(FASB)および国際会計基準審議会(IASB)はそれぞれ微妙に異なる修正を行っており、そのため、US GAAPに基づく場合とIFRSに基づく場合とでは収益基準を最終的に適用した結果が異なる可能性があります。
また、新しい収益基準は、金融商品に関する特定のガイダンスなど他のガイダンスの範囲に含まれない取引にも適用され、この点でUS GAAPとIFRSとでは差異が生じる可能性があります。新しい収益基準は、実質的にはコンバージェンスされているものの、IFRS適用企業とUS GAAP適用企業とを比較した場合に必ずしも同じ母集団の取引に適用されるわけではありません。
収益認識の移行リソースグループ(TRG: Transition Resource Group)は、多くの業種に属する企業に影響を及ぼす様々な適用上の論点について議論してきました。このTRGの議論によって、新しい収益基準の適用に参考となる洞察が提供されており、米国証券取引委員会(SEC)は、登録企業が新しい収益基準を適用するにあたっては、TRGの議論を考慮することを期待しています。
本資料では、US GAAPで財務報告を行う銀行業界の企業に特有の適用上の動向に対処し、特定の課題を取り上げています。本資料は、銀行業界の企業に対する新しい収益基準の影響についての包括的な分析を提供しているわけではありません。本資料の内容の検討に際しては、CFOdirect.comから入手できるPwCの会計ガイド「顧客との契約から生じる収益」(英語)も併せてご確認ください。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide