Expand
Resize
Add to favorites
国際財務報告基準(IFRS)第16号の下で、借手は、使用権資産およびリース負債を計上することにより、貸借対照表上にほとんどすべてのリースを認識する必要があります。
この資産合計と負債合計の「グロス・アップ」は、IFRS第16号の適用の最も明白な影響ですが、IFRS第16号の適用は他のIFRSと相互関係があるため、それほど明白ではない多くの影響があります。本In depthでは、IFRS第16号が以下の基準を適用する企業に与える影響の一部を含む、IFRS第16号から生じるいくつかの影響を検討します。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide