Expand
Resize
Add to favorites
新しいリース基準(会計基準コード化体系(ASC)842)の適用にあたり、貸手は、回収可能性の高いオペレーティング・リース債権について、引き続き一般引当金(general reserve)を計上することができるかどうかについて質問が提起されました。
最近、FASBスタッフは、貸手は一般引当金の計上を継続するか中止するかの会計方針の選択ができると結論付けました。貸手による収益の認識方法に影響を与える可能性のある、いくつかの関連する会計方針の選択が利用可能です。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide