Expand
Resize
Add to favorites
今回は、2012年5月の会議で承認された収益認識プロジェクトの今後の再審議の計画について解説します
2011年11月にIASBとFASB(以下、両審議会)は「顧客との契約から生じる収益」の再公開草案(以下、ED)を公表し、この5月までに各国、各界の利害関係者から357通のコメントレターを受け取りました。また、これと合わせて、両審議会は、2011年9月から2012年5月にかけて世界各地でアウトリーチ活動(公開草案等の目的および内容を利害関係者に周知をするとともに、これに関するフィードバックを収集することを目的とした非公式の活動)やラウンドテーブルを開催し、関係者から様々なフィードバックを受けました。両審議会は、これらによって受け取ったコメントおよびフィードバックについて内容を要約・分析した上で、2012年5月の合同会議において、今後検討すべき問題を再確認し、これに対応する再審議の計画を承認しました。
こちらは、『週刊経営財務』3073号(2012年7月16日)にあらた監査法人として掲載したものです。発行所である税務研究会の許可を得て、あらた監査法人がウェブサイトに掲載しているものですので、他への転載・転用はご遠慮ください。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide