Expand
Resize
Add to favorites
今回は,2017年6月から,IFRS解釈指針委員会(以下,IFRIC)および国際会計基準審議会(IASB)で議論されている,IAS第37号「引当金,偶発債務及び偶発資産」―契約が不利であるか否かを評価する際に考慮されるコストについて取り上げます。
2017年11月までに行われた議論の結果,IFRICはIAS第37号の不利な契約の定義における「不可避的なコスト」という用語の意味を明確化するプロジェクトを基準設定のアジェンダに追加することを決定しており,当該決定に至る過程について説明します。
こちらは、『週刊経営財務』3344号(2018年1月29日)にPwCあらた有限責任監査法人として掲載したものです。発行所である税務研究会の許可を得て、PwCあらた有限責任監査法人がウェブサイトに掲載しているものですので、他への転載・転用はご遠慮ください。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide