Expand
Resize
Add to favorites
本連載は,主に国際会計基準審議会(IASB)の月次会議等における討議内容に基づき,IFRSをめぐる最新の動向を伝えることを目的としています。
今回は,IFRS基準の狭い範囲の修正の可能性についてIASBで議論されている,「単一の取引から生じた資産及び負債に係る繰延税金」(IAS第12号「法人所得税」の修正案)について説明します。IASBは,当初認識の例外の範囲を狭めて,同額で相殺し合う一時差異を生じさせる取引に適用しないことを暫定的に決定しました。以下では,IASB会議においてこれまで行われた議論の概要についてご紹介します。
こちらは、『週刊経営財務』3488号(2021年01月04日)にPwCあらた有限責任監査法人として掲載したものです。発行所である税務研究会の許可を得て、PwCあらた有限責任監査法人がウェブサイトに掲載しているものですので、他への転載・転用はご遠慮ください。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide