Expand
Resize
Add to favorites
Analysing IFRS 16 Leases ≪英語≫
IFRS第16号「リース」について、PwCのスペシャリストが解説します。
IFRS第16号のセール・アンド・リースバック取引の会計処理について、現行のIAS第17号との比較、IFRS第16号適用前にすでに実施しているもしくは実施予定のセール・アンド・リースバック取引の移行時の会計処理、を解説します。(2017/08/07)
重要な課題のひとつである、リース負債の算定に用いる適切な割引率の識別について検討します。割引率を決定する際の要素や、必要な情報を入手する際の実務的側面などを解説します。 (2017/07/03)
貸手にとってIFRS第16号とは?貸手の会計処理は新基準でもほぼ同じですが、実際には新基準による変更点はいくつかあります。サブリースの分野の新しいガイダンスを解説します。(2017/06/05)
当ビデオがカバーする分野:
  • 貸手の会計処理の概要
  • 貸手に影響する可能性がある一般的な定義の変更点
  • サブリースのガイダンスの変更
  • 貸手の経過措置
  • 借手と交渉における実務上の影響
「リース期間」について以下を解説します。(2017/05/08)
  • リース期間の定義
  • 合理的に確実(reasonably certain)は何を指すか?オプション行使評価に関する”合理的に確実(reasonably certain)”の新しいガイダンス
  • リース期間の見直しが必要なケース
リースにおける「構成部分の区分」(B32-33)について解説します。IFRS第15号における別個の財またはサービスとの関連、契約の結合(B2)に関する新しい要求事項にも触れます。 (2017/04/03)
移行時の会計処理、「経過措置」を解説します。借手がIFRS第16号へ移行する場合、「完全遡及」か簡素化した「修正遡及」か選択できますが、企業がいずれかを選択する際に検討すべきポイントを解説します。 (2017/03/06)
新基準を適用するうえで複雑な要素の1つ、「変動リース料」を解説します。設例やスライドを使用して以下を説明します。(2017/02/07)
  • 指数やレートに応じて決まる変動リース料
  • 実質上の固定リース料
借手の会計処理の主要な要素(リース負債とリース資産の測定など)の概要を説明します。 (2017/01/03)
IFRS第16号で許容されている、免除規定の概要を説明します。 (2016/12/04)
企業がどのようにIFRS第16号の適用を進めているかを探り、基準の要求事項をどのように適用するかの質問に答えます。 (2016/11/17)
本シリーズの第1弾では、リースの新しい定義の概要と主な検討事項を解説します。(2016/10/03)
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide