Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2020年3月27日、新型コロナウイルス感染症(covid-19)により経済の不確実性が高まっている状況を受けて、IFRS第9号「金融商品」の適用に関する文書を公表しました。
この文書は、新型コロナウイルス感染症の影響をどのように予想信用損失に反映するか検討するにあたり、関連するIFRS第9号の要求事項を強調した教育文書という位置づけであり、基準の首尾一貫した堅牢な適用を支援する目的で作成されています。要求事項の変更、追加または削除は行われていません。
  • 金融商品に係る予想信用損失の見積りは、現在の状況において困難ではあるが、可能な限り、過去、現在及び将来予測的な情報を含むすべての合理的で裏付け可能な情報を考慮することが重要である。
  • IFRS第9号は、予想信用損失の会計処理を行うための明確な境界線や機械的なアプローチを定めておらず、したがって、企業は、現在の状況を反映するために認識すべき全期間の予想信用損失を見積り、算定するためのアプローチを修正する必要がある場合がある。詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide