Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2020年4月9日、LIBOR等に関連する金利指標改革に対応するため、IFRS第9号「金融商品」等を修正する公開草案を公表しました。
IASBでは、金利指標改革が財務報告に影響する可能性のある論点を、以下の2つのグループに分けて検討しています。
(a) フェイズ1 : 金利指標改革(金利指標の代替指標への置き換えなど)が実施される前の論点への対応 ー2019年9月に改正を公表済(ヘッジ会計の特定の論点 )
(b) フェイズ2 : 金利指標改革(金利指標の代替指標への置き換えなど)が実施された場合の論点への対応 ー本公開草案
今回公表されたフェイズ2の公開草案では、主に以下に関する修正が提案されています。
  • 条件変更 ー企業は、金利指標改革により要求される金融商品の条件変更に関して、認識の中止や帳簿価額の修正は行わず、実効金利を更新することで金利指標の変更を反映する。
  • ヘッジ会計 ー企業は、ヘッジがヘッジ会計の他の要件を満たしている場合には、 金利指標の置換えが生じたことのみをもってヘッジ会計を中止しない。
  • 開示 ー企業は、金利指標改革から生じる新たなリスクと、代替金利への移行にどのように対処するかを開示する。
なお、本公開草案では、IFRS第9号のほか、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」、IFRS第7号「金融商品:開示」、IFRS第4号「保険契約」およびIFRS第16号「リース」の関連する修正が提案されています。
コメント募集期間は2020年5月25日までです。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • 2020/05/07 IASBが公開草案「金利指標改革-フェーズ2(IFRS第9号、IAS第39号、IFRS第7号、IFRS第4号及びIFRS第16号の修正案)」を公表 (JICPA
  • 2020/04/09 IASBが、金利指標改革に対応するIFRS基準の追加の修正を提案(ASBJ
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide