Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2020年11月27日、IFRS 第16号に関する修正案「セール・アンド・リースバック取引におけるリース負債」を公表しました。
本修正案は、資産の譲渡が売却として会計処理されるセール・アンド・リースバック取引に適用され、特にリースバックの一部または全部が変動リース料である場合における、使用権資産およびリース負債の初度測定ならびにリース負債の事後測定の取り扱いを規定しています。
修正案は、以下の内容を含んでいます。
  1. 使用権資産の当初測定にあたって、売手である借手は、IFRS第16号で規定されている割引率を用いて割引いた予想リース料(*)の現在価値と売却した資産の公正価値を比較して決定することを要求する。
  2. セール・アンド・リースバック取引において発生するリース負債について、売手である借手がどのように事後測定するか規定する。
*予想リース料を構成する支払には、変動リース料が含まれると規定されている(指数またはレートに応じて決まるかを問わない)。
本修正案に対するコメント募集期限は、2021年3月29日となっています。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • IASBが公開草案「セール・アンド・リースバック取引におけるリース負債」(IFRS第16号の修正案)を公表(JICPA
  • IASBがセール・アンド・リースバック取引の会計処理を改善するためのリース基準の修正を提案(ASBJ
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide