Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2021年2月11日、IFRS 第16号の修正案「2021年6月30日より後のCovid-19に関連した賃料減免」を公表しました。
2020年5月に、新型コロナウイルス感染症に関連した賃料の免除や一時的な減額などの賃料減免が行われた場合のリースの借手の会計処理を容易にするため、 IFRS 第16号の修正 「新型コロナウイルス感染症(Covid-19)に関連した賃料減免」 が公表されました。この実務上の便法は、現在、 2021年6月30日以前に期限が到来するリース料を減額する賃料減免のみに適用されています。
本修正案では、利害関係者からの要望に対応し、2022年6月30日以前に期限が到来するリース料を減額する賃料減免を実務上の便法の対象とするように救済措置を拡張することを提案しています。
本修正案に対するコメント募集期限は、緊急性により、通常よりも短い14日後の2021年2月25日となっています。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • IASBが公開草案「2021年6月30日を超えるcovid-19に関連する賃料減免」(IFRS第16号の修正案)を公表(JICPA
  • IASBがcovid-19に関連した賃料減免の借手の会計処理に対する支援の延長を提案(ASBJ
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide