Add to favorites
IASBは、2021年2月12日、「会計方針の開示(IAS第1号及びIFRS実務記述書第2号の修正)」および「会計上の見積りの定義(IAS第8号の修正)」を公表しました。これらは、投資家および他の財務諸表利用者に有用な情報を提供するための会計方針の開示の改善、および会計上の見積りの変更と会計方針の変更との区別を目的とした狭い範囲の修正です。
これらの修正の主な内容は以下のとおりです。
  1. 現行のIAS第1号「財務諸表の表示」における開示が必要な会計方針の表現を「重要な(significant)」から「重要性のある(material)」に修正
  2. IFRS実務記述書第2号「重要性の判断の行使」において、会計方針の開示に重要性(materiality)の概念を適用する際に役立つガイダンスを提供
  3. IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」において、会計上の見積りの変更(将来の取引や事象に対してのみ将来に向かって適用)と会計方針の変更(過去の取引や事象に対して遡及適用)との区別を明確化
IAS第1号およびIAS第8号の修正は2023年1月1日以後開始する事業年度に適用され、早期適用が認められます。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
  • IASBが、会計方針の開示を改善し、会計方針と会計上の見積りとの区別を明確化するためにIFRS基準を修正(ASBJ
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide