Add to favorites
FASBは、2021年3月30日に、FASBは、特定の非公開企業および非営利組織を対象に、のれんの減損のトリガーイベントを評価する際の複雑さを軽減する代替的な会計処理の提供を目的として会計基準アップデート(ASU)を公表しました。
現行基準では、レポーティングユニットの公正価値が帳簿価額を下回っている可能性が高いことを示すトリガーイベントが発生した場合、のれんの減損テストを行う必要があります。企業や組織は、年間を通じて発生するのれんのトリガーイベントを監視および評価する必要があります。
一部の利害関係者は、特定の非公開企業および非営利組織が、年次でのみ米国会計基準に準拠した財務諸表を発行する場合に、期中のトリガーイベントを評価することの価値について疑問を呈しました。当該利害関係者は、財務諸表が発行される年次報告日には関連しない可能性のある期中時点の貸借対照表の作成やキャッシュフロー予測をすることのコストと複雑さを指摘しました。
これに対処するために、ASUは、非公開企業および非営利組織を対象として、報告期間が期中か年次かに関わらず、 報告期間の末日時点においてのれんのトリガーイベントの評価およびのれんの減損テストを実行できるようにする代替的な会計処理を提供します。これにより、代替的な会計処理を選択した非公開企業および非営利組織は、報告期間中にのれんのトリガーイベントの評価を行う必要がなくなり、報告日のみの評価に限定されます。
提案された代替的な会計処理の範囲は、ASC Subtopic 350-20「無形資産ーのれん及びその他ーのれん」に従って減損がテストされるのれんに限定されます。
ASUの修正は、2019年12月15日より後に開始する年次報告期間から適用されます。2021年3月30日時点で発行されていない、また、発行可能となっていない期中財務諸表および年次財務諸表について早期適用が認められます。企業は、ASUを適用する年度の発行済みの期中財務諸表に対して、本修正を遡及的に適用することは認められていません。
ASUの修正には、発効日後に代替的な会計処理を適用することを認める無条件の1回限りのオプションも含まれています。 追加の開示は要求されません。
詳細はFASBサイトをご覧ください。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide