Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2014年9月17日、料金規制の財務上の影響に関する報告についてディスカッションペーパー(DP)を公表しました。
本DPでは、原価回収とインセンティブアプローチの2つの要素を含む料金規制について説明しています。当該料金規制に関する他と区別される特徴としてIASBが把握したものが、最も重要な財務上の影響のある料金規制の種類を十分に捕捉しているかどうかについて、コメントを求めています。
本DPには特定の会計処理に関する提案は含まれていません。代わりに、料金規制対象活動に関するどのような情報が財務諸表利用者にとって最も有用か、およびIASBが料金規制の財務上の影響を報告するための方法を決定する際に考慮したアプローチの概要が示されています。
また、本DPはIFRS第14号「規制繰延勘定」の開示要求が、本DPのフィードバックの結果として、IASBが今後開発するであろう提案の基礎となるかどうかについてのコメントも求めています。IFRS第14号はIASBが料金規制対象活動に関して結論付けるまでの暫定基準として2014年1月に公表されたものです。
なお、コメントの募集期限は2015年1月15日です。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide