Expand
Resize
Add to favorites
IASBは、2016年9月12日、IFRS第4号「保険契約」の修正を公表しました。当該修正は、保険会社等がIFRS第9号「金融商品」を新たな保険契約基準の適用前に適用することにより生じる、一時的な問題に対処するものです。
企業は、以下のアプローチを適用することが認められます。
(a) 上書きアプローチ(Overlay approach)
保険契約を発行している企業に対し、新たな保険契約基準の公表前にIFRS第9号を適用した場合に生じる変動性を、純損益ではなくその他の包括利益で認識する選択を認めるアプローチ。
(b) 延期アプローチ(Deferral approach)(*)
保険に関連する活動が支配的活動である企業に対し、IFRS第9号の適用を一時的に免除し、IAS第39号を引き続き使用する選択を認めるアプローチ(2021年まで)。
* 「延期アプローチ」は審議の過程で用いられていた名称で、基準中では「IFRS第9号の適用の一時的な免除」に名称が変更されている。
詳細はIASBウェブサイトをご覧ください。
基準書の原文はInform Internationalサイトをご覧ください。(*有料会員限定)
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide