Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準審議会(IASB)および米国財務会計基準審議会(FASB)(以下、「両審議会」)は、収益認識に関する12月の会議において、以下の項目に関する論点について決定に至りました。
・別個の履行義務への取引価格の配分
・束ねられた(bundled)契約へのモデル案の適用
・ライセンスについて認識する収益の累積額の制限
・契約獲得コストの会計処理
両審議会の決定は暫定的なものであり、変更される可能性があります。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide