Expand
Resize
Add to favorites
米国財務報告審議会(FASB)と国際会計基準審議会(IASB)は、5月の会議において収益認識プロジェクトに関連する論点について議論しました。両審議会は、クレジットカードの特典プログラムの会計処理について合同で議論し、このような契約の会計処理について特定のガイダンスを提供しないことを決定しました。 個別の会議において、FASBは、企業の通常の事業活動の成果ではない非金融資産の移転、特に不動産の売却に関連する会計処理について決定を行いました。一方、IASBは、国際財務報告基準(IFRS)の初度適用企業の経過措置について決定を行いました。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide