Expand
Resize
Add to favorites
国際会計基準審議会(IASB)は、非金融資産の回収可能価額が処分費用控除後の公正価値に基づいて算定される場合の情報の開示に関して、国際会計基準(IAS)第36 号「資産の減損」を限定的に修正しました。
IASB は、国際財務報告基準(IFRS)第13 号「公正価値測定」を公表した際に、IAS 第36 号の開示規定に対して派生的な修正を行いました。IASB はこの修正の1 つが意図していたよりも広い範囲の開示を要求していることを認識していました。今回の限定的修正ではこの点を是正するとともに、減損損失(または戻入れ)があった場合における公正価値測定に関する開示の要求を追加しています。
⇒オリジナルはGlobalサイト
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide